menu

Report & Newsレポート・お知らせ

「PC de 旅」 プレスリリース

※本ニュースリリースは、WDLC運営事務局を担当するマイクロソフト株式会社より配信します。

(報道資料)

2008年9月25日
ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム

WDLC主催年末商戦向け販促キャンペーン
「PC de 旅」を業界28社と合同で実施
〜業界一致団結による、年末商戦に向けた合同販促キャンペーンを展開〜

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(以下WDLC)は、業界の枠を超えた企業28社が連携し、年末商戦に向けた「PC de 旅」合同販促キャンペーンを2008年9月30日(火)から展開することを発表します。

  • キャンペーンタイトル:「思い出を、見つける、楽しむ、創り出す。PC de 旅 キャンペーン」
  • 期間:2008年9月30日(火)〜2009年3月末
  • キャンペーン概要:
    WDLCでは、参加企業各社が業界の枠を越え、各社の提供するデジタル情報機器(PC、携帯電話、デジタル家電など)、情報・コンテンツサービスなどを相互に連携することで、革新的なデジタルライフスタイルの創造と利用者へのシナリオ(利用形態)提案を共同で行っています。
    今年の夏にWDLCとして初めて実施した合同販促キャンペーン「PC de TV キャンペーン」に引き続き、年末商戦は「旅」という具体的な生活シーンをモデルケースに、今ある製品とサービスを組み合わせるだけで普段の何気ない旅も、より思い出深くより充実した旅になる数々の「気づき」を提案することによりデジタル情報機器や情報・コンテンツサービスの利用を促進し、市場全体の需要喚起を図る「PC de 旅 キャンペーン」を展開します。

本キャンペーンは28社の協賛企業と共に、9月30日より公開される「PC de 旅 キャンペーン」サイトを皮切りに、「CEATEC JAPAN 2008」(開催日程:9月30日〜10月4日、開催場所:幕張メッセ)のマイクロソフトブース内「WDLCコーナー」でのご紹介や雑誌、Web、家電量販店店頭等様々な場を通してより多くのユーザーに新しいデジタル ライフスタイルの提案を行っていきます。

また、WDLCではデジタル情報機器と情報・コンテンツの連携強化を図ることを目指し、今年の夏実施した「PC de TV キャンペーン」ではテレビ局との連携を図り、年末実施する本キャンペーンでは更に発展しインターネットでコンテンツやサービスを提供する企業との連携拡大を図っています。その具体的な取り組みの一つとして、各PCメーカー(※1)の一部秋冬モデルにWDLCサイトに誘導するデスクトップ アイコン(※2)の搭載や、WDLCサイトのURLがInternet Explorerブラウザのお気に入りに初期登録された形で出荷されます。これは日頃ユーザーが利用するPC画面から直接WDLCサイトへ誘導する仕組みをPCメーカーが担い、WDLCサイトでは情報サービス企業がコンテンツやサービスを提供し、ユーザーにはデジタル情報機器とコンテンツ・サービスを連携させた利用の利便性を享受いただき、業界とユーザー双方にとってメリットのある関係を創ることを目指しています。WDLCでは引き続き業界の枠を超え、様々な企業と連携しユーザーの新しいデジタル ライフスタイルの実現に向けた取り組みを行っていきます。

※注1 NECパーソナルプロダクツ株式会社、株式会社MCJ、オンキヨー株式会社、ソニー株式会社、株式会社東芝、富士通株式会社 *五十音順
※注2 PCのデスクトップ画面に配置されたアイコン

  • PC de 旅 キャンペーンサイト http://pcdetabi.wdlc.jp/
  • 期間:2008年9月30日〜2009年3月下旬
  • 概要
    「旅行前」「旅行中」「旅行後」のそれぞれのタイミングでのデジタル情報機器と情報・コンテンツサービスを連携させた利用シーンの提案を通して、普段の生活の中でも活用いただける数々の「気づき」や「ヒント」をご紹介します。

【主な見どころ】
◎マンガでわかる「PC de 旅」
「PC de 旅」で提案するデジタル情報機器の利用シーンをひとつにまとめたWebで閲覧するマンガです。肩の力を抜いて、まずはこのマンガから「PC de 旅」の世界へお入りください。

◎臨場感あふれるストーリーで「PC de 旅」を具現化
人それぞれ、旅の目的は違うもの。それによって、利用するアイテムも異なってくるもの。そんな多くのニーズをカバーすべく、10月上旬より6つの具体的なストーリーで「PC de 旅」のモデルケースをお見せします。それぞれのストーリーにあった「達人」のワンポイントアドバイスも必見です。

◎WDLCオリジナルガジェット
「PC de 旅」キャンペーンで配布する、オリジナルガジェットです。
このガジェットでしか得られないお得な情報やニュースが配信されます。旅に出る前には要チェック!

◎メーカー担当がお勧めする「うちの製品いい仕事します!」
PCメーカーの担当が「PC de 旅」にマッチした各社の製品の使い方をPRするコーナーです。この秋冬にPCの購入を検討しているのなら、ぜひ各社のイチオシ製品を見比べてみてください。

◎PCレビュー「読んでから旅立て!」
メーカー主導だけでなく、使い手の視点での情報も非常に重要。某有名週刊誌の記者が、各社の製品をレビューします。
メーカーの視点では気づかない貴重な視点での情報もあるかもしれません。

◎公衆無線LAN利用促進キャンペーン
今や街中で利用できる公衆無線LANが全国に広がりつつあります。なのに「面倒だから」「どうやって繋げるか分からないから」という理由でPCを外出先や旅先に持ち出さない人がまだまだ多いようです。「PC de 旅」では、そんなユーザーをサポートすべく、公衆無線LANお試し利用ができる取り組みを展開します。一度体験すればもう戻れない!詳しくはキャンペーンWebサイトをチェックしてください!

◎「共有」でよりリッチに旅の思い出を演出
デジカメで撮影した画像、ビデオカメラで撮影した動画。あなたはカメラ本体で閲覧して、そのままにしていませんか?
撮影した素材の加工から、テレビへの出力やWebでの共有など、旅の思い出をよりリッチに楽しむ演出のヒントが、キャンペーンサイトにご用意しています。

  • CEATEC JAPAN 2008 Microsoft ブース内 「WDLCコーナー」
  • 概要:
    「旅」をモデルケースに、今あるデジタル情報機器とサービスを連携させた利用方法や、まだまだ使いきれていないPCの機能などを分かりやすくご紹介いたします。

【CEATEC JAPAN 2008 開催概要】
■開催日程 : 2008年9月30日(火)〜10月4日(土)
<開催時間>
・9月30日 (火)  12:00 〜 17:00
・10月1日(水)〜10月4日(土)10:00 〜 17:00
開催場所:幕張メッセ Hall3 ホーム&パーソナルゾーン マイクロソフトブース内

■入場料 :
・全来場者登録入場制
・事前登録 : 入場無料
・当日登録 : 入場料 一般 1,000 円・学生 500 円

■CEATEC JAPAN 2008オフィシャル サイト : http://www.ceatec.com/2008/ja/
■マイクロソフトブース紹介サイト : http://www.microsoft.com/japan/events/ceatec/

協賛企業 28社 *9月25日時点の協賛企業(五十音順)
■プラチナスポンサー(1社)
マイクロソフト株式会社

■ゴールドスポンサー(4社)
NECパーソナルプロダクツ株式会社、ソニー株式会社、株式会社東芝、富士通株式会社

■シルバースポンサー(4社)
インテル株式会社、オンキヨー株式会社、デル株式会社、株式会社DOMIRU

■特別スポンサー(19社)
株式会社アイ・オー・データ機器、イーブック・システムズ株式会社、ヴィジョネア株式会社、NECビッグローブ株式会社、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社、エプソン販売株式会社、コーレル株式会社、三洋電機株式会社、株式会社J-WAVE、ソフトバンクBB株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社トリプレットゲート、日本AMD株式会社、株式会社バッファロー、株式会社ベネッセコーポレーション、株式会社USEN、株式会社リクルート、株式会社レーベルゲート、株式会社ワコム

WDLCは、2007年11月9日の設立時48社であった会員は、より一層幅広い業界から新たなご参加をいただき、本日時点で計82社となりました。
ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム参加企業一覧を参照)

2008年4月11日付ニュースリリース発表以降、新たに参加いただきました会員は、下記の17社です。(五十音順)
ヴィジョネア株式会社、株式会社ウェブプロデュース、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社、サイバーリンク株式会社、三洋電機株式会社、株式会社小学館、株式会社ダレット、九十九電機株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ、テレビ東京ブロードバンド株式会社、株式会社トリプレットゲート、株式会社Nero、ファスト・サーチ&トランスファ株式会社、株式会社ベスト電器、株式会社ベネッセコーポレーション、株式会社ローソン

また、WDLCでは、本日9月25日付で眞柄 泰利(マイクロソフト株式会社 執行役専務)が会長職を退任し、堂山 昌司(マイクロソフト株式会社 代表執行役 副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当)が就任、眞柄はマイクロソフト代表としての理事も退任、堂山が理事に就任したことをお知らせします。

PAGE TOP