menu

Report & Newsレポート・お知らせ

「PC de TV」 プレスリリース

※本ニュースリリースは、WDLC運営事務局を担当するマイクロソフト株式会社より配信します。

(報道資料)

2008年4月11日
ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム

WDLC設立以降の活動成果報告
業界連携によりデジタルライフスタイル推進を加速
〜業界一致団結による、夏商戦に向けた合同販促キャンペーンを展開〜

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(以下WDLC、会長:眞柄泰利)は、2007年11月9日のコンソーシアム設立以降の活動内容と成果を発表します。WDLC設立時48社であった会員は、より一層幅広い業界から新たなご参加をいただき、本日時点で計66社となりました。(ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム参加社一覧を参照)

このたび、新たに参加いただきましたのは、下記の17社です。(五十音順)
株式会社いろはプロ、インテル株式会社、株式会社エディオン、オリンパスイメージング株式会社、株式会社ケーズホールディングス、株式会社ゲームポット、株式会社コジマ、上新電機株式会社、セントラルスポーツ株式会社、株式会社日経BP、株式会社ノジマ、株式会社ピーシーデポコーポレーション、富士ソフト株式会社、株式会社フロンテッジ、松下電器産業株式会社、株式会社ヤマダ電機、株式会社リクルート

WDLCは、新しいデジタルライフスタイルシナリオを創造する「シナリオ分科会」、シナリオを利用者に提案するマーケティングを行う「共同マーケティング分科会」および、業界の枠を越える各種テーマに関して参加各社の連携を深める「業界間連携協議会」の大きく3つのグループを軸に活動を展開しています。(分科会・協議会については2007年12月20日に発表、ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム概要を参照)
今回、この分科会・協議会によるWDLCの活動成果をお知らせします。

  • WDLCの夏商戦に向けた共同マーケティングテーマとして、“TVも、ネット動画もサクサクきれい! PC de TV” を設定し、WDLC参加メンバー各社の連携により合同販促キャンペーンなどを実施します。
  • 放送事業者としてPC上での新しいTV視聴サービス(放送・ネット連携)を進めることを目的としテレビPC利用協議会を計6回実施しました。WDLCとして、2011年の地上デジタルテレビ放送への完全移行に向けて、地デジ普及のために参加メンバー各社が協力し、これを推進していくことを合意しました。活動の第一歩として夏商戦向けの共同マーケティングテーマに合わせ、協議会メンバーのうちテレビ6社(株式会社テレビ朝日、株式会社テレビ東京、株式会社東京放送、日本テレビ放送網株式会社、日本放送協会、株式会社フジテレビジョン)がWindows VistaR対応のガジェットを開発、インターネットオンラインでの提供と、同時にPCメーカー向けにも提供しました。NECパーソナルプロダクツ株式会社、株式会社MCJ、株式会社 東芝、富士通株式会社が、テレビ局ガジェットを搭載したPC新機種を夏商戦に向けて順次発表します。
  • 携帯電話で撮影したキレイな(高画質)写真はPCや、デジタル フォトフレームの大きな画面で!
  • 4つのシナリオ分科会(ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム シナリオ分科会概要を参照)を各分科会座長・副座長主導によりそれぞれ実施、それぞれの取り組みテーマと目標を検討しました。今後、理事会答申を経てシナリオ分科会を横断する2008年秋の共通テーマを決定していきます。
  • 新たに「シンプルワード協議会」を2008年3月に設置しました。今後、PCやネット関連用語の解説・言い換えを議論し、WDLC参加メンバー企業の共通言語として採用することを前提にシンプルワードを提案していきます。

これらのWDLC活動成果をもとにメンバー各社は連携、業界一致団結し、夏商戦に向けた「“TVも、ネット動画もサクサクきれい! PC de TV”」合同販促キャンペーンを2008年5月9日(金)から展開します。

キャンペーンタイトル:「“TVも、ネット動画もサクサクきれい! PC de TV”」

期間:2008年5月9日〜9月中旬

キャンペーン内容:
オンラインおよび店頭プロモーションを通じて、PCでTV・ネット動画を楽しむことを共通メッセージとして訴求します。 スポーツを中心とした魅力的な動画コンテンツ、遊び心いっぱいのテレビガジェット、それぞれのTV・画像視聴のスタイルにマッチするバリエーション豊富なPCラインナップや周辺ハードウェア機器、ソフトウェア等参加各社の製品やサービスのつながりによってユーザーの皆様にPCでTV・ネット動画の楽しみ方を具体的にお伝えします。

参加会員 33社
■プラチナスポンサー(5社)
NECパーソナルプロダクツ株式会社、ソニー株式会社、株式会社東芝、富士通株式会社、マイクロソフト株式会社

■シルバースポンサー(3社)
アイ・オー・データ機器株式会社、インテル株式会社、コーレル株式会社

■特別スポンサー(10社)
イースト株式会社、株式会社インプレスイメージワークス、NECビッグローブ株式会社、エレコム株式会社、オリンパスイメージング株式会社、ジュピター・ショップチャンネル株式会社、株式会社バッファロー、株式会社ピクセラ、ヤフー株式会社、株式会社ワコム

■販売パートナー(関連会社含み15社)
株式会社エディオン、株式会社ケーズホールディングス、株式会社コジマ、株式会社ジャパネットたかた、上新電機株式会社、株式会社ノジマ、株式会社ビックカメラ、株式会社ヤマダ電機、株式会社ヨドバシカメラ

PC de TV体験コーナー展開

展開店舗数 14社 26店舗(詳細は、「“TVも、ネット動画もサクサクきれい! PC de TV”」合同販促キャンペーン展開店舗リスト一覧を参照)
ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラの主要店舗を皮切りに、その他販売パートナー店舗でも順次展開

WDLCでは、参加メンバー各社が業界の枠を越え、各社の提供する情報デジタル機器(PC、携帯電話、デジタル家電など)、情報・コンテンツサービスなどを相互に連携することで、革新的なデジタルライフスタイルの創造と利用者へのシナリオ(利用形態)提案を共同で行うことを目指しています。このたびの活動成果報告および夏商戦における合同販促キャンペーンを展開し、その結果を踏まえ、WDLCにおいてさらに協議を重ね、今後の秋・冬商戦に向けたシナリオ開発にいかしていきます。

【報道機関からの問い合わせ先】
WDLC運営事務局広報担当(マイクロソフト株式会社広報部内) 岡部・荒木 電話:03-4523-3210(代表)、E-mail:mskkpr@microsoft.com

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム会長および理事からのコメント

WDLCには幅広い業界から様々な思いを持ったメンバーが参加してくださっており、新しい人と人との出会いやそこから発生するアイディアの化学反応はこの会の原動力の一つである、昨年11月の設立以来の活動を振り返るとそのように感じます。それぞれの会員が集まり、知恵を出し合い、熱意を持って取り組んできた結果として、本日WDLC初めて成果を発表することができました。今後ともWDLCを通じて皆様方に新しい価値をご提案できるよう、様々な情報デジタル機器やサービスの連動の実現に向け一層努めてまいります。 会長 眞柄 泰利
(マイクロソフト株式会社 執行役 専務)

昨年11月のWDLC発足以来、約5か月が経過し、参加企業各社と共に、本日このような成果報告を実施できることを大変嬉しく思います。この夏は、放送事業者様との連携のもと、「PCdeTVを楽しむ」ことができ、よりPCを活用いただけるものと考えております。 今後も、WDLCを通して業界の枠を越えた各社との連携のもと、PCの新たな利用価値、利用シナリオを提案し、PCを生活の中で一層活用いただくための活動を積極的に推進してまいります。 理事 須 英世
(NECパーソナルプロダクツ株式会社 代表取締役 執行役員社長)

当社は新しいデジタルライフスタイルの普及に向けて、まだまだ使いきれていないPCの能力を、より分かりやすくお客様にお伝えするとともに、PCとTVなどの家電をつなぐと更に使いやすい・更に楽しい、という新体験を提案していきたいと思います。こういった新しいPCと家電を連携させた使い方の普及、そのベースとなる接続性の向上などは、PC業界という枠組みを超え、異業種の皆様と連携していく取り組みが必要だと認識しています。それを可能にするWDLCの活動に是非引き続き期待していただきたいと思います。 理事 石田 佳久
(ソニー株式会社 業務執行役員 SVP VAIO事業本部 本部長)

魅力的なデジタルライフスタイルの創出のため、業界の枠を越えて結成されたWDLCにおいて、本日、これまでの活動の成果や「PC de TV」をテーマとする夏の共同キャンペーンをご報告できましたこと、大変嬉しく思います。「dynabook」「Qosmio」といったPCだけでなく、広範なデジタル機器の開発を手掛ける 当社は、PCとAV分野で多くの技術を保有しています。これからも、WDLCの取り組みを 通じて、魅力的なデジタルライフスタイル、新しい価値を積極的に提案していきたいと考えております。 理事 下光 秀二郎
(株式会社東芝 執行役上席常務 PC&ネットワーク社 社長)

昨年11月よりWDLC参加各社と共に活動した成果が、夏商戦向け合同販促キャンペーンとしてスタートできる事をたいへん喜ばしく思います。当社は、まさに「PC de TVを楽しもう」にふさわしい魅力ある製品ラインナップを順次展開していく予定です。 今後も、お客様にパソコンを使った新しい利用シーン、ライフスタイルを継続して提案していくと共に、業界の枠を越えたWDLCの活動を積極的に推進してまいります。 理事 五十嵐 一浩
(富士通株式会社 経営執行役 パーソナルビジネス本部長)

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム概要

(社名は全て50音順)

名 称: ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(略称:WDLC)

設 立: 2007年11月9日

会 長: 眞柄 泰利(マイクロソフト株式会社 執行役 専務)

理 事:5社
須 英世(NECパーソナルプロダクツ株式会社 代表取締役 執行役員社長)、石田 佳久(ソニー株式会社 業務執行役員 SVP VAIO事業本部 本部長)、下光 秀二郎(株式会社東芝 PC & ネットワーク社 執行役上席常務)、五十嵐 一浩(富士通株式会社 経営執行役 パーソナルビジネス本部長)、眞柄 泰利(マイクロソフト株式会社 執行役 専務)

運営委員会:8社(インテル株式会社、NECパーソナルプロダクツ株式会社、株式会社MCJ、オンキヨー株式会社、ソニー株式会社、株式会社 東芝、富士通株式会社、マイクロソフト株式会社)

会 員: 66社(ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム参加社一覧を参照)

活動内容:
1. 利用者の生活スタイルの調査・分析を通し、現在のデジタルライフスタイルの実態をまとめ、紹介する
2. 情報デジタル機器(PC、携帯電話、デジタル家電など)やサービスの活用シーンにおけるトレンドを予測し、発表・提言する
3. 生活シーンにおける情報デジタル機器を活用するシナリオ(利用形態)を策定し、利用者に様々な機会を通して提案する
4. そのシナリオを実現するための製品・サービスの連携の在り方を検討し改善や発展に向けた取り組みテーマを設定する
5. 具体的な活用シナリオを利用者に提案するため共同プロモーション活動を企画実行する

WDLC運営事務局: マイクロソフト株式会社(Webサイト http://www.wdlc.jp)

現在の活動展開:
<シナリオ分科会>
1. PCライフ分科会(座長:NECパーソナルプロダクツ株式会社、副座長:富士通株式会社)
(目的)デジタルライフスタイルの拡大によるPC利用用途および利用者層の拡大を図ります。
2. ゲーム分科会(座長:株式会社MCJ)
(目的)PCをプラットフォームとするゲームユーザーの拡大を図ります。
3.デジタル家電連携分科会(座長:ソニー株式会社、副座長:株式会社MCJ、オンキヨー株式会社、株式会社 東芝)
(目的)家電とPCの組み合わせによる、より利便性の高いソリューションの提案を行います。
4. ユビキタス利用分科会(座長:富士通株式会社、副座長:ソニー株式会社、株式会社 東芝)
(目的)PCのユビキタス利用促進を図ります。

<共同マーケティング分科会>
5. 共同マーケティング分科会(座長:マイクロソフト株式会社、副座長:WDLC運営委員会)
(目的)ターゲット利用者層の調査およびシナリオ提案、販促施策を検討します。

<業界間連携協議会>
6.テレビPC利用協議会(座長:マイクロソフト株式会社)
(目的)テレビPC利用シナリオの中で、放送事業者のビジネス機会創出について検討します。
7.シンプルワード協議会(設立時メンバー:インテル株式会社、株式会社日経BP、 マイクロソフト株式会社)
(目的)現在のパソコンおよびネット関連の用語をパソコンのローエンドユーザー層にわかるように言い換え・解説し、ユーザーにとってのパソコン使用ハードルを下げる(ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム参加社一覧を参照)

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム参加社一覧

(66社:2008年4月11日現在、五十音順)

株式会社アイ・オー・データ機器
株式会社朝日新聞社
イースト株式会社
イーブック・システムズ株式会社
株式会社いろはプロ
インテル株式会社
株式会社インプレスイメージワークス
株式会社ウィルコム
株式会社ウェザーニューズ
株式会社エディオン
NECパーソナルプロダクツ株式会社
NECビッグローブ株式会社
株式会社NHKエンタープライズ
エヌビディア合同会社
エプソン販売株式会社
株式会社MCJ
エレコム株式会社
オリンパスイメージング株式会社
オンキヨー株式会社
株式会社ケーズホールディングス
株式会社ゲームポット
コーレル株式会社
株式会社コジマ
株式会社J-Wave
シャープ株式会社
株式会社ジャパネットたかた
ジュピター・ショップチャンネル株式会社
上新電機株式会
株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ
セントラルスポーツ株式会社
ソースネクスト株式会社
ソニー株式会社
ソフトバンクBB株式会社

株式会社ディーアンドエムホールディングス
デル株式会社
株式会社テレビ朝日
株式会社テレビ東京
株式会社東京放送
株式会社 東芝
株式会社DOMIRU
ナップスタージャパン株式会社
株式会社日経BP
日本AMD株式会社
日本NCR株式会社
日本テレビ放送網株式会社
日本放送協会
株式会社ノジマ
株式会社バッファロー
株式会社ピーシーデポコーポレーション
株式会社ピクセラ
株式会社ビックカメラ
株式会社フェイス
富士ソフト株式会社
富士通株式会社
株式会社フジテレビジョン
ブロードメディア株式会社
株式会社フロンテッジ
マイクロソフト株式会社
松下電器産業株式会社
ヤフー株式会社
株式会社ヤマダ電機
株式会社USEN
株式会社ヨドバシカメラ
株式会社リクルート
株式会社レーベルゲート
株式会社ワコム

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム シナリオ分科会概要

分科会名 PCライフ デジタル家電 ユビキタス ゲーム
座長 NECパーソナルプロダクツ株式会社 ソニー株式会社 富士通株式会社 株式会社MCJ
副座長 富士通株式会社 株式会社MCJ
オンキョー株式会社
株式会社東芝
ソニー株式会社
株式会社東芝
 
参加社数 25社 22社 20社 11社
目的 デジタルライフスタイルの拡充によるPCの利用用途と利用者層の拡大 PCを使えばより便利・快適なソリューションを提供しPCを使ったよりよいDigital Lifeの実現を目指す PCのユビキタス利用を促進し、ハード・ソフト・サービス市場を拡大するとともに、お客様に便利で楽しく安全な機能、サービスを提供する すべての人がPCゲームを気軽に楽しめる市場環境を構築し、需要の拡大を図る
目標 生活系用途認知率 および利用率向上
高齢者/若者のPC利用率向上
PCをベースにしたデジタル家電という新たな市場、土俵、ビジネスゲームを業界で協力しながら創出する PCを外に持出して使う利用者率向上 ゲーム向けPCの市場認知と体験機会の拡大
取り組みテーマ 50〜60代を主ターゲットとした
(1)個人の健康データ管理及び各種健康サービスの提供
(2)旅の計画から思い出共有までが簡単にできるサービスの提供
PCにたまっているデジタルコンテンツを大画面TVで楽しむ どこでも繋がるという安心感を訴求するため、通信環境の整備を推進する。旅行(おでかけ)時にPCを持ち出す魅力的な使い方を提供する。 初級中級ユーザーがいつでもどこでも気軽にPCゲームを楽しめる環境を提供する。 ハードウェアとソフトウェアの相互検証環境整備

「“TVも、ネット動画もサクサクきれい! PC de TV”」合同販促キャンペーンの展開店舗リスト一覧

(五十音順)

会社名 店舗名 都道府県
石丸電気 秋葉原本店 東京
エイデン エイデン本店 愛知
ケーズホールディングス 水戸本店 茨城
コジマ NEW静岡店 静岡
サンキュー 100満ボルト 金沢本店 石川
上新電機 J&Pテクノランド 大阪
ソフマップ 秋葉原本館 東京
デオデオ コンプマート広島 広島
東京エディオン 港北センター南店 神奈川
ノジマ 藤沢店 神奈川
ビックカメラ 有楽町店本館
東京
新宿西口店 東京 東京
パソコン館池袋本店 東京
立川店 東京
名古屋駅西店 愛知
ミドリ電化 伊丹店 大阪
ヤマダ電機 LABI 1 なんば 大阪
LABI 品川大井町 東京
LABI 池袋 東京
LABI 千里 大阪
LABI 津田沼(4月18日Open予定) 千葉
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba 東京
マルチメディア梅田 大阪
新宿西口本店 東京
マルチメディア吉祥寺 東京
マルチメディア横浜 神奈川

PAGE TOP