menu

Report & Newsレポート・お知らせ

プレスリリース

※本ニュースリリースは、WDLC運営事務局を担当するマイクロソフト株式会社より配信します。

(報道資料)

2007年11月9日
ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム

業界を越えた連携による革新的なデジタルライフスタイルの創造と利用者への提案を目指す
「ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC)」の設立について

世界的にも先進的な技術を有する日本のPCメーカー、ハードウェアおよびソフトウェアメーカー、コンテンツ/サービスプロバイダーなど48社参加の下、本日「ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC)」が発足しました。WDLCでは、参加メンバー各社が、業界の枠を越え、各社の提供する情報デジタル機器(PC、携帯電話、デジタル家電など)、情報・コンテンツサービスなどを相互に連携することで、革新的なデジタルライフスタイルの創造と利用者へのシナリオ(利用形態)提案を共同で行うことを目指します。

WDLCは、PCメーカー、ハードウェアおよびソフトウェアメーカー、コンテンツ/サービスプロバイダーなど合計48社(2007年11月9日現在)で構成されます。本日開催した第一回総会において、WDLCの理事として、NECパーソナルプロダクツ株式会社、ソニー株式会社、株式会社東芝、富士通株式会社およびマイクロソフト株式会社の5社が選出され、会長として、マイクロソフト株式会社 執行役 専務 眞柄 泰利が選出されました。また、この5社に、株式会社MCJおよびオンキヨー株式会社の2社を加えた計7社が運営委員会として、WDLCを運営していくこととなりました。(コンソーシアムの概要はウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム概要を参照)

WDLCでは、情報デジタル機器(PC、携帯電話、デジタル家電など)、情報・コンテンツサービスなどの連携による新たなシナリオの共同開発・提案や、中高齢者や若年層などICT利用者層の拡大や利用者層に最適なシナリオの共同提供など様々な活動を通して、日本における革新的なデジタルライフスタイルの推進を目指します。今後、「シナリオ開発」および「共同マーケティング」の二つの柱を軸に複数の分科会を設置し、非接触型ICカードを認証、決済基盤とした新しいビジネスモデルの模索や、TV視聴が可能なPCを活用した放送事業者をはじめとするコンソーシアム参加社間の連携など、2007年中にコンソーシアムとしての具体的な活動内容を公表し、2008年春にはその活動成果に基づいた取り組みを開始することを目指します。
また、既にWDLC参加各社が提供している製品・サービスなどで実現しているデジタルライフスタイルのシナリオの認知度向上と普及推進を、各社相互連携して行っていきます。

WDLC会長および理事からのコメントについてはウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム会長および理事からのコメント、WDLC参加社一覧についてはウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム参加社一覧、およびWDLCのロゴについてはウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム ロゴを参照ください。

【報道機関からの問い合わせ先】
WDLC運営事務局広報担当(マイクロソフト株式会社広報部内) 岡部・石井 電話:03-4523-3210(代表)

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム概要

(社名は全て50音順)

名 称: ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(略称:WDLC)

設 立: 2007年11月9日

会 長: 眞柄 泰利(マイクロソフト株式会社 執行役 専務 デジタルライフスタイル推進・OEM 担当)

理 事: 5社(NECパーソナルプロダクツ株式会社、ソニー株式会社、株式会社東芝、富士通株式会社、マイクロソフト株式会社)

運営委員会: 7社(NECパーソナルプロダクツ株式会社、株式会社MCJ、オンキヨー株式会社、ソニー株式会社、株式会社 東芝、富士通株式会社、マイクロソフト株式会社)

会 員: 48社(ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム参加社一覧参照)

活動内容:
1. 利用者の生活スタイルの調査・分析を通し、現在のデジタルライフスタイルの実態をまとめ、紹介する
2. 情報デジタル機器(PC、携帯電話、デジタル家電など)やサービスの活用シーンにおけるトレンドを予測し、発表・提言する
3. 生活シーンにおける情報デジタル機器を活用するシナリオ(利用形態)を策定し、利用者に様々な機会を通して提案する
4. そのシナリオを実現するための製品・サービスの連携の在り方を検討し改善や発展に向けた取り組みテーマを設定する
5. 具体的な活用シナリオを利用者に提案するため共同プロモーション活動を企画実行する

WDLC運営事務局: マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.wdlc.jp/

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム会長および理事からのコメント

本日ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアムの発足にあたり、IT業界の枠にとどまらない多くの企業からのご参加をいただくことができ、参加企業の皆様方からの期待の大きさを改めて実感しております。本コンソーシアムの活動を通してデジタルライフスタイルの充実を図り、皆様方の生活をより豊かにするお手伝いをしていきたいと考えています。ネットワーク上の様々な情報デジタル機器やサービスの連動による革新的な価値創造を進めるべく参加企業一同力を合わせ邁進してまいります。 会長 眞柄 泰利
(マイクロソフト株式会社 執行役 専務 デジタルライフスタイル推進・OEM 担当)

日本のデジタルライフスタイルの発展のためには、PC業界メンバーのみならず、異業種の皆様との連携を通じて、新たなPCの利用シナリオ、あるいはデジタル機器の利用価値といったものをご提供していく必要があると考えております。
当社も、ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアムの活動を通じて、業界の枠を超えた参加メンバー各社様とともに、ユーザの皆様のライフサポートの拡充、あるいは新たなユーザ層の発掘など、PCの利用形態の拡大に向けた取り組みを積極的に推進してまいります。 理事 須 英世
(NECパーソナルプロダクツ株式会社 代表取締役 執行役員社長)

新しいデジタルライフスタイルのさらなる普及に向けて、PCという枠組みを超えた様々な業界による連携がますます重要であると認識しています。そうした中、本日発足いたしましたウィンドウズデジタルライフスタイルコンソーシアムは、お客様の生活により良い変化をもたらす取り組みを、PC業界のみならず他の業界連携を通して実現できる場として大変期待しております。VAIOでは、FeliCa機能をいち早く標準搭載したり家電機器と連携するなど、インターネット上で各種サービスを手軽にご利用いただける快適性を実現しています。当社は、こうした業界連携を通じて更なる付加価値の向上を目指し、今後もお客様に便利で新しい“体験”を提供する取り組みを積極的に推進していきます。 理事 石田 佳久
(ソニー株式会社 業務執行役員 SVP VAIO事業本部 本部長)

本日、ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアムが、晴れて発足いたしましたこと、大変喜ばしく、当社といたしましても大いに期待しています。WDLCは、PC、デジタル機器、コンテンツサービスなどの連携により、一層魅力的なデジタルライフスタイルを創造するため、様々な企業、団体を横断して発足したコンソーシアムです。
当社は、dynabook、QosmioといったノートPCだけでなく、TVやHD DVDなど、広範なデジタル機器の開発を手掛けており、PCとAV分野で多くの技術を保有しています。WDLCの取り組みを通じて、魅力的なデジタルライフスタイル、新しい価値を積極的に提案していきたいと考えています。 理事 下光 秀二郎
(株式会社東芝 PC & ネットワーク社 執行役上席常務)

PCは、既にお客様の生活の中で幅広く使われていますが、まだまだ利用範囲は限られており、未知のジャンル、新しい生活スタイルを生み出す可能性を十分に秘めています。ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアムがPCをはじめとしたデジタル機器、そこで利用されるサービスとの連携を軸に、新しく魅力的な使い方を引き出す起爆剤となることを確信しております。
富士通は、様々な業界の方と連携し本WDLCの活動に積極的に取り組み、新しいデジタルライフスタイル創造に寄与したいと考えます。 理事 五十嵐 一浩
(富士通株式会社 パーソナルビジネス本部 経営執行役パーソナルビジネス本部長)

マイクロソフト コーポレーションからのコンソーシアムへの賛同コメント

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアムが目指しているのは、利用者のためにデジタルライフスタイルの未来を創造する活動を推進することです。マイクロソフトは、このコンソーシアムのメンバーとして日本のパートナー企業との協業を進めながら、私たちの生活におけるテクノロジの姿を一変させるような革新的なエクスペリエンスを新たに提供します。私たちは、これまで日本の革新的なテクノロジが世界中の人々のワークスタイルやライフスタイルに変革をもたらしてきたことを目の当たりにしてきました。本コンソーシアムは、世界的にも優れた技術を持つ日本のPCメーカー、ハードウェアおよびソフトウェアメーカー、コンテンツ/サービスプロバイダーなどが参加し、利用者に新しいデジタルライフスタイルを提案していく初めての取り組みとなります。WDLCの活動が、日本だけでなく、全世界の利用者に対しての革新的なデジタルライフスタイルをもたらすことを大いに期待しています。 スティーブ バルマー
マイクロソフト コーポレーション 最高経営責任者

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム参加社一覧

(48社:2007年11月9日現在、五十音順)

株式会社アイ・オー・データ機器
株式会社朝日新聞社
イースト株式会社
イーブック・システムズ株式会社
株式会社ウェザーニューズ
株式会社 air impress
NECパーソナルプロダクツ株式会社
NECビッグローブ株式会社
株式会社ウィルコム
エヌビディア ジャパン
エプソン販売株式会社
株式会社MCJ
エレコム株式会社
オンキヨー株式会社
コーレル株式会社
株式会社J-Wave
シャープ株式会社
株式会社ジャパネットたかた
ジュピターショップチャンネル株式会社
株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ
ソースネクスト株式会社
ソニー株式会社
ソフトバンクBB株式会社
株式会社ディーアンドエムホールディングス

デル株式会社
株式会社テレビ朝日
株式会社テレビ東京
株式会社東京放送
株式会社 東芝
株式会社DOMIRU
ナップスタージャパン株式会社
日本エイ・エム・ディ株式会社
日本NCR株式会社
日本テレビ放送網株式会社
日本放送協会
株式会社バッファロー
株式会社ピクセラ
株式会社ビックカメラ
株式会社フェイス
富士通株式会社
株式会社フジテレビジョン
ブロードメディア株式会社
マイクロソフト株式会社
ヤフー株式会社
株式会社USEN
株式会社ヨドバシカメラ
株式会社レーベルゲート
株式会社ワコム

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム ロゴ

WDLCロゴについて
業界の枠を超えて、多種多様な業界から、様々な企業が参加し協力することで、新しい発想が花開く、というイメージと、その発想が、利用者の生活を豊かにし、また生活の中での新しい発見につながるようにとの思いを図式化しました。

ロゴのダウンロードはこちら

PAGE TOP