menu

Case Study事例紹介

「最新パソコン、買うなら今でしょ!」キャンペーン

Windows XP サポート終了

「最新パソコン、買うなら今でしょ!」キャンペーン

期間:2013年11月6日(水)〜 2014年4月9日(水)

Windows XP サポート終了までの長期的なキャンペーンを展開

[2013年11月6日]

 業界の枠を超えた116社(2013年11月6日現在)の企業が参加する ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(会長:香山 春明、日本マイクロソフト株式会社 執行役 常務、以下:WDLC)は、最新パソコンへの買い替えを後押しすることを目標に、興味喚起から店頭送客までを目的とした「最新パソコン、買うなら今でしょ!」キャンペーンを本日11月6日から開始いたします。

 本キャンペーンは Windows XP のサポート終了(2014年4月9日)を残り5か月に控えた今秋冬商戦期から、 Windows XP サポート終了直前の春商戦期までの長期的なキャンペーンで、最新パソコンやパソコン周りの環境を一新する興味喚起を目的としています。

 キャンペーンのメインキャラクターとして、東進ハイスクールの林修先生に家電量販店販売員に扮して登場頂き、林先生の言葉巧みなわかりやすい説明で、新旧パソコンの違いや今買い替えるべきであるというメッセージを発信していただきます。

 また「がんばれ!林販売員」というテーマで林先生が販売員に扮してパソコン売り場で接客する様子をドキュメンタリーテイストで撮ったWeb ムービーもキャンペーンWEBサイト上で順次展開していきます。

店頭ではWDLCの理事会社である国内大手PCメーカー4社が中心となり、キャンペーンクリエイティブを使った店頭POPや、Web ムービーを展開いたします。

「最新パソコン、買うなら今でしょ!」キャンペーンの概要については以下のとおりです。

キャンペーン名称 最新パソコン、買うなら今でしょ!
期 間 2013年11月6日(水)~ 2014年4月9日(水)
目 的 Windows XP サポート終了直前の春商戦期までの長期的なキャンペーンで、新しいパソコンやパソコン周りの環境を一新する興味喚起を目的としています。
展開先 キャンペーンサイト、Web広告、店頭POP(約3,000店舗)、屋外広告
主 催 ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム
キャンペーン
協賛会員企業
NECパーソナルコンピュータ株式会社、 ソニー株式会社、株式会社東芝、 日本マイクロソフト株式会社、富士通株式会社、 株式会社アイ・オー・データ機器、株式会社バッファロー、 インテル株式会社、株式会社マウスコンピューター、 レノボ・ジャパン株式会社、AOSテクノロジーズ株式会社、 デジタルアーツ株式会社、株式会社レーベル・ゲート、株式会社ワコム  (計14社)

PAGE TOP